健康経営への取り組み

安全・安心活動

健康経営への取り組み

「快適かつ健康的で、危険のない(災害ゼロ)の職場づくりを推進する」の基本方針に基づき、「ゼロ災害・ゼロ疾病」の達成に向けて、従業員の健康維持・増進のための活動を推進しています。

活動方針

健康で快適な職場づくりを通じて、業務に関連する疾病を予防し、心身の健康を維持・増進します。

健康への取り組み

当社では従業員一人ひとりが心身の健康に興味を持ち、健康維持・増進のために、自ら必要な行動を起こす人を増やすことを目標に、様々な取り組みを行っています。

健康推進室

常勤の保健師と管理栄養士に加えて、臨床心理士が在籍しています。保健師による健康相談対応、臨床心理士によるカウンセリングを行っており、従業員が心身ともに健康を維持できるよう取り組んでいます。保健師による従業員の健康診断後のフォローを実施し、重症化予防の取り組みを行っています。

教育

健康管理およびメンタルヘルスケアに関心を持ち、正しい知識と対処の方法を習得するための方法として、保健師や臨床心理士による階層別健康管理教育、メンタルヘルス(セルフケア/ラインケア)教育を実施しています。その他、救命講習、部門の希望に合わせた健康講話を実施しています。また、毎月の健康推進室たよりの発行、流行性疾患の注意喚起等、その時期に合わせた健康啓蒙活動を行っています。

運動促進

健康増進のために千歳・苫小牧とも地域ジムと提携し、利用補助を行っています。アイスホッケーや野球、サッカーなど各種サークル活動も行っており、スポーツに取り組みやすい環境を整えています。また、2016年度から関連企業によるグローバルスポーツ大会に参加し、グループ全体での運動促進、コミュニケーション向上を図っています。

コミュニケーション向上

当社では、従業員・家族が参加できるイベント「ワイガヤ」を開催しています。また、各部門で行われる懇親会への補助を行うことで、部門内のコミュニケーション向上を促進し、健康で快適な職場づくりに貢献しています。


Page UpSite map

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ご利用について
  • プライバシーポリシー
Copyright(C) DYNAX Corporation All Rights Reserved.